語学が伸びるのって、どんな時?

旧暦でも新年がスタートしました。

今年1本目の授業は、

香港大学SPACEにて『プレゼンテーション日本語』

 

今回のディスカッションテーマは

「アルコール類のテレビCM全面廃止に賛成か、反対か」

 

2つのグループに分かれて、討論します。もちろん日本語で!

みんなにとっての外国語で、これほどの説得力を持ちながら、論を展開していく姿は圧巻。

(学生のほとんどが香港人で、日本人はいません。)

私は、ファシリテートするだけです。

素晴らしい討論の一部を、メモを元に、再現します。

 

□アルコール類のテレビCM全面廃止に賛成派(以下、賛成)

お酒は、体に悪い!

急性アルコール中毒や依存症もあるのに、

おしゃれな感じに演出するのは、違うと思う。

 

■アルコール類のテレビCM全面廃止に反対派(以下、反対)

お酒以外に、ファストフードとかも体に悪い。量の問題。

赤ワインは体に良いらしい。

 

□賛成

ファストフードの食べ過ぎで、電車の中で迷惑かけたり、飲酒運転みたいに事故にならない。

日本の夜の電車の酔っ払いが嫌い。酔っ払って、コーヒーをこぼしていたおじさんがいて、迷惑だった。

明らかに未成年に見える女子大生が、電車の中でだらしなくしていて、危ないと思った。

 

■反対

お酒は日本の文化の一部。

お酒が、日本人のコミュニケーションや日本経済を支えている。

 

□賛成

お酒がないとコミュニケーションできない方が問題。

テレビは、今や、大人は観ない。

ネットができない子供しか観ない。

だから、テレビCMは、子供や未成年が手を出すのに加担している。

判断能力のない子供は、おしゃれなイメージを信じてしまう。

やるなら、酔っ払いのおじさんの映像にすれば良い(一同爆笑!)

 

■反対

夜8時半以降の、子供の観ない時間に流せば良い。

子供がお酒に手を出したら、テレビCMじゃなくて、親とかの責任。

CM観て、お酒を飲みたくなる人なんていない 。

 

□賛成

じゃあ、CMの意味ないじゃない。やらなきゃ良い。

 

■反対

テレビCMを禁止しても、他のメディアでやるなら、完全じゃない。

だから、全面廃止なんて、意味がない。

全面廃止って、極端すぎる。

 

などなど・・・

 

こんな流れを、日本語でやり取りしています。

 

語学は、話したいことがあって、伝えたい相手がいる時に伸びる!

 

【伝えたい内容と、伝えたい相手がいる環境】を、

これからも、たくさん作っていきたいと思っています。

 

バレンタインということで、学生にチョコもらいました!

ありがとう♡