う●こだって、おしりだって良い!!

「休み明けあるある」・「この時期あるある」だと思いますが、

我が息子も、ご多聞に漏れず、風邪を引いて、今週はスクールを休んでいました・・・

 

冬休みがやーっと明けたと思ったら、風邪でスクールをお休みし、再来週からは旧正月休み。

一体、いつ、学校に行くの???と、愚痴もこぼしたくなります。

私の生活も一変。家に息子がいると、全く仕事がはかどらないし、体調が悪いと、さらに甘ったれになるので、心のケアも大変になるんです。

スクールを休んだ日は、自宅にずっといて、テレビを観る時間も増えてしまいます。学校では英語を使っているので、スクリーンタイムでは、なるべく日本語を。

最近、息子達が、大はまりしているのが、

 

「おしりたんてい」

 

おしりの顔をした探偵が、事件を解決するんです!

(意外と面白くて、私も観てしまう)

「おしりたんてい」は本もあり、黙々と読んでいます。

 

そして、かの有名な

 

「う◯こドリル」

 

このドリルは、例文が本当に秀逸。

 

この例文で、

「こえに だして おはなしを よもう」

なんて言われた日には、そりゃあもう嬉しそうに、大声出してやっていますよ・・・

 

子供を育てる前までは、まさか、

う◯こや、おしりまみれになるとは思わず、

もっと違ったアプローチで教育している自分を夢見ていたのですが・・・

 

最近は、

 

「う◯こだって、おしりだって良い!!」

 

って本気で思っています。

 

子供達にとって、一番大切なのは、

「自分達が選んで、やっている感」

 

誰かにやらされているのではなく、自分がやりたくてやっている。

Autonomyは、学びにはとても大切な要素です。

自分の意思で自覚的に行動する。

格好良く書いてしまったけど、これ、う◯こドリルの話しでした(笑)

 

息子が、

おしりたんていさんから学んだ最近の日本語。

 

一体、なんなんだろう?の「一体」という言葉。

「むちゃくちゃ」

「取材」

「一件落着」

「名推理」

 

どれも、教えようと思っても教えられない言葉ばかり。

理想の学習風景とは、かけ離れていますが、最近は、

 

「う◯こだって、おしりだって良いじゃない!!」

 

と本気で思っています。

はい、開き直りに近い部分もあります(笑)

それにしても、こんなに、う◯こって書いたのは、人生で初めて!